So-net無料ブログ作成
検索選択

ラジオ情報で [好奇心]

「ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる」(後徳大寺左大臣)


DSC06161.JPG


「ほとどぎすが鳴いたので、すぐ声がした方を眺めると、その姿は見えないで、空にはただ有明の月が残っているよ。」


右大臣公能(きんよし)の子、藤原実定(さねさだ)で、和歌、音楽の才能があるとともに、権勢欲も強かったようです。
高い官位を得ようと厳島に行った話などの言い伝えも多く残っているのだそうです。


この歌は、「暁にほとどぎすを聞く」という題で詠まれたのだそうです。[ひらめき]

万葉集では、ほととぎすは橘の花と一緒に詠まれることが多かったのですが、平安時代になると鳴き声を詠まれるようになったのだそうです。

この歌は、ほととぎすの姿を見られなかったことを残念がっているんですね。[もうやだ~(悲しい顔)]














続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。