So-net無料ブログ作成

記事探しドライブ [観光地]

「おもひわび さてもいのちは あるものを うきにたへぬは なみだなりけり」(道因法師)


010_R.JPG



「私の気持ちをわかってくれない人を、長い間恋し続けていてその苦しさに耐えきれず死んでしまいそうだったけれど、今日まで命長らえてきたのに、こらえ切れなかったのは涙の方で、止めどなくあふれ落ちてくるものだ。」

藤原敦頼が出家して、道因法師と名乗ったんだそうです。
八十歳になってからも、秀歌が出来ますようにと住吉神社にお参りするなど、歌道に熱心な方だったそうです。


相手に知られずに、自分一人が心の中で恋している事を王朝和歌では「忍ぶ恋」というそうで、この歌もそれに当たるそうです。

機知にとんだ、巧みな歌なんだそうですよ。切ない歌ですわぁ~。[もうやだ~(悲しい顔)]








続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。