So-net無料ブログ作成
検索選択

芋煮会 [食べ物]

山形の秋の風物詩といえば、芋煮会![わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

芋煮会の発祥地は、中山町と言われています。[ひらめき]
江戸時代、北前船で酒田と京都・大阪を行き来していて、酒田から内陸に最上川の舟運が盛んだった時、終点が中山町だったのだそうです。
そこから、米沢方面への船荷の積み替えのため、船頭さんや商人さん達が荷揚げや荷待ちの時、運ばれてきた棒鱈と船着き場の近くの小塩という里芋の名産地の里芋を、川岸にある松の枝に鍋を掛けて食べたのが芋煮の始まりなのだそうです。

私が小学生の時は、河原で芋煮会をする行事がありました。
通学班で、リヤカーに材料を乗せ運んで行きましたっけ。[ダッシュ(走り出すさま)]
その頃は、稲を天日干しする時に使う稲杭(いなぐい)を三脚にして、それに、囲炉裏で鍋などを吊す自在鉤(じざいかぎ)を設置して作っていました。
娘達が小学生の頃は、もう、芋煮会行事はやっていませんでしたね。
でも、中学の学級行事で親子でやったこともありました。

この時期になると、河原で芋煮をやるグループが沢山います。[ハートたち(複数ハート)]
もちろん、家々では、「今日は、芋煮!」という日が多くなりますよ。
そして、県外の来客があれば、いち早く思いつくのが芋煮!というくらいなんです。

先週、久しぶりに、河原で芋煮会をやりました。[わーい(嬉しい顔)]
県外の親戚が遊びに来たのです。
この時期なので、本場の芋煮会を食べてもらいたくて。雰囲気を味わってもらいたくて。お・も・て・な・し。[黒ハート]

中山町長崎にある、最上川中山緑地せせらぎ公園で行いました。
前日、どの辺の場所がいいか決めて来て、早朝に場所取りに行ったら・・・ガ~~~ン。[がく~(落胆した顔)]
もう、テントを張ったり、テープで囲んだりされていたんです。
そこで、長崎橋の下の角の場所があったので、急いでそこにシートを敷いて一旦家に帰って来ました。[あせあせ(飛び散る汗)]

二人の妹家族も一緒にやったんです。
義弟の甥っ子が、今年度から山形大学に在学し始めたので、山形の芋煮会を体験してもらいたくて声をかけてみました。「行きます。」と。可愛いこと![るんるん]

総勢十六人で、芋煮会![わーい(嬉しい顔)]

スーパーヤマザワで、無料の鍋、シート等の用具一式を借りてきました。便利なんですよ~!ありがたいです!


こんな感じから始まりました。長崎橋の下なんですよ。


002_R.JPG


薪を燃やしました。ブロックで所々に炉が設置されているんです。


001_R.JPG



薪も、こんなふうに売られているんです。
父母が、薪を用意してくれたので、一袋だけ買って用意しました。


015_R.JPG



まずは、鍋を置いて。


003_R.JPG



アグリランドから買って来た山形牛肉。
えっ?山形と言えば、米沢牛でしょ~!って?そんな、そんな、お高くて買えません。[たらーっ(汗)]
そこは、JAさんが運営していて、お安くて間違いないと同僚から教えてもらい買って来ました。
1パック千円也~!8パック購入。[決定]
芋煮は、脂身がないと美味しくないんですよねぇ。


004_R.JPG



牛肉を入れました。


005_R.JPG



次は、お酒。


006_R.JPG



次は、醤油。


007_R.JPG



牛肉に火を通しました。


008_R.JPG



次に、砂糖を入れました。


012_R.JPG



おっ!料理なんてしない父親が、おたまを持ってる!


013_R.JPG



火が通ったかな。


014_R.JPG



一旦、別鍋に牛肉を取り出しました。火が通り過ぎないように。


016_R.JPG



次に、その鍋に里芋を入れました。


017_R.JPG



水を投入。


018_R.JPG



まずは、これで煮立たせました。


019_R.JPG



蓋をして。スーパーヤマザワ、中山町店!


022_R.JPG



このかまども借りてきました。
実は、里芋が苦手な人が二人。[ふらふら]
そこで、この鍋には、里芋を少なめに入れ、そこにジャガイモを用意していきました!
それに、前回の記事に載せた道の駅いいでの芋煮に大根が入っていたので、それも用意していったんですよ!あり?アハハ!


026_R.JPG



材料は、家で切って行ったのですが、こんにゃくは、子供達に手でちぎらせました。
芋煮のこんにゃくは、手でちぎります。その方が、味が染みるんです。


030_R.JPG



ささがきゴボウを入れました。


033_R.JPG



アウトドア派の義弟、椅子、テーブル、テントなどの他に、七輪を持ってきてくれました。
家にちょうどあったイカとホヤを持ってきてくれ焼いてくれました。


034_R.JPG



煮たってきましたぁ!


035_R.JPG



そこで、きのこを入れました。
我が家では、しめじを入れるのですが、舞茸が美味しいと義弟。


036_R.JPG



エノキも入れようと妹。
大学生のお兄ちゃん、入れてくれました。


039_R.JPG



次に、ネギを入れました。


041_R.JPG



ネギがシナ~となったら、できあがり!
食べる時、刻みネギや七味をかけて食べても美味しいですよ~!
まずは、できた芋煮を食べました。


079_R.JPG



キムチを乗せて食べても美味しいよと。ヘェ~。


075_R.JPG



サンマも七輪で焼きました。


060_R.JPG



塩を振りかけ、食べました。美味しかったぁ~!


064_R.JPG



食べ終わったら、少し、休憩。


047_R.JPG



046_R.JPG



079_R.JPG



子供達は、マシュマロを焼き始めました。


084_R.JPG



自分で焼いて、楽しいよねぇ。


090_R.JPG



こんなふうになっちゃった!


091_R.JPG



ウインナーを串に刺して、またまた、焼いて食べました。


095_R.JPG



それで、終わりではなかったんですよねぇ。
また、薪を燃やし始めました。


094_R.JPG



先ほど、芋煮を食べた残り。そこに、玉うどん投入。
この時も、妹が、冷凍讃岐うどんがいいと言うことだったので、それを買いました。
冷凍なので、その上にペットボトルを乗せて置いたら、冷たさ維持。なるほど![ひらめき]


096_R.JPG



玉うどんを入れて、そのまま食べてもいいんですけど、今回は、カレールーも入れてみました。


097_R.JPG



ルーが溶けました。


100_R.JPG



煮たってきたら、先ほど残しておいたネギを入れて。


101_R.JPG



芋煮カレーうどんのできあがり!
お腹いっぱいになっていたけど、半ば強制的に食べてもらいました!アハハ!


103_R.JPG



それから、ヤマザワに、アイスクリーム、ペットボトル飲料を買いに行ってきました。[車(セダン)]
その間、綺麗に片付けてくれてましたぁ!ありがとう!
人数が多いと、みんなで片付ければ、あっという間なんですよねぇ。[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]


104_R.JPG



それから、みんなで集合写真を撮りました。[カメラ]
長崎橋の向こうでは、グライダーが飛んでました。


110_R.JPG



それから、我が家に来てもらい、休憩。[かわいい]
県外から来た親戚は、それから、宮城県の宿泊ホテルに向かいました。[車(セダン)]

そこで、終わらないのです~!

借りてきた鍋など用具一式をその日のうちに返す事になっていたので、まずは、鍋のすす落とし~!
使う前にクレンザーを塗っておくと簡単にとれるんですよね。忘れてました。[ふらふら]

でも、力で落としました!アハハ![わーい(嬉しい顔)]

それから、ヤマザワサービスカウンターに持って行き終了。[決定]

人数が多くて大変だったけど、その分、和気あいあいと過ごした時間は、「楽しかった思い出」として残ります。[ぴかぴか(新しい)]

十数年前、県外の従兄弟家族が来た時もやったんでした。
そのことを、今でも、思い出して話すと両親から聞いていたんです。
それじゃぁ、今回もやろうか!と提案。みんな、乗ってくれました!
甥っ子、姪っ子たちも、いつまでも、楽しかった思い出として覚えてくれてるといいな。[揺れるハート]

ここは、内陸地方なので、牛肉、醤油味ですが、庄内地方では、豚肉、味噌味です。それも、美味しいです!



















































































弥彦神社 [観光地]

昨日、新潟県にある「弥彦神社」に、両親、こん太くんと行ってきました。[車(セダン)]

日帰り旅行なので、早朝に出発!
そこで、朝食は、飯豊町にある「道の駅いいで」食べました。
以前、ニュースで、芋煮を販売始めたと見たことがあったんです。[目]


016_R.JPG


山形は、今、「芋煮会」シーズンなので、河川敷では、いろんなグループで賑わっています!
我が家も、来週、他県から親戚が来るので、久しぶりに河川敷で行う予定なんです。
ですから、次回の記事は、「芋煮会」に決定![ひらめき]

芋煮の味もいろいろあるわけで、よそ様の芋煮も味わってみなければと、食べてみました。[わーい(嬉しい顔)]
「美味しかったぁ~~~!」
大根が入っていたことにびっくり!


018_R.JPG


雨の予報が出ていたので、出発時は曇りでしたが、折りたたみ傘を用意して行きました。
まぁ、こんな雲がある風景も、また、風情があって良いものです。


019_R.JPG


休憩タイムで寄った「道の駅おぐに」で、鮎の塩焼きを見つけてしまいました![目]
私、好きなんですよねぇ。[黒ハート]
「食べて行きますか?」に、「車の中で、食べて行きます。」
分け皿を後であげますねと言われたのに、串も外され、一つにまとめて手渡され・・・?[がく~(落胆した顔)]他にお客様もいたので、商売の邪魔になっても悪いので、そのまま、持ち帰りしました。
それで、まず、運転手のこん太くんに、手づかみで食べてもらい、走行中に、一人ずつもちろん手づかみで食べました!
言えば、分け皿はくれたのかもしれないですけど、串を外してしまってるわけで、割り箸なんて用意されてなかったみたいだし、まぁ、いいか!と。アハハ![たらーっ(汗)]


鮎の塩焼きが、道路を走ってる~~~!


020_R.JPG


子持ち鮎の塩焼きを注文したら、卵が凄かった!
でも、それを写真に撮らないで食べてしまった私、ふと、後部座席を見たら、父親が、まだ、食べてる最中でした。「まだ、食べないで貸して!」
子持ち鮎の塩焼き、初めて食べたかも。[揺れるハート]


021_R.JPG


弥彦神社に到着。
弥彦山を仰ぐ大鳥居があると雑誌で読んだのですが、そこを通って来なかったので写真は撮れませんでした。


022_R.JPG


では、参ります。


025_R.JPG


参道も、綺麗に整っています。


026_R.JPG


一ノ鳥居です。
鳥居の柱に二本ずつ稚児柱を添えて立てる様式を「両部鳥居」と言うそうです。


027_R.JPG


117_R.JPG


この石橋は、御手洗川に架けられた石造りの桁橋で、橋に備えられている高欄は、一つの石から掘り出されたもので、石工の技巧がうかがい知れます。


029_R.JPG


御手洗川に架かる半円形の橋で、神様が渡る神聖な橋として建造されたそうで人は渡れない「玉ノ橋」です。


032_R.JPG


重・軽の石があるそうですが、立ち寄って来るのを忘れてました。
神馬舎には、木掘りの白馬がありました。

手水舎です。


035_R.JPG


二ノ鳥居の方を見たら、「わぁ~!綺麗!お幸せに~~~!」[黒ハート]
自衛隊さんの結婚式だったようで、制服姿の方が多かったです。凛々しいお姿。[ぴかぴか(新しい)]


034_R.JPG


11月になると、菊祭りが行われるようで、その準備がされていました。
参道の両側に、綺麗な大輪の菊が並ぶんでしょうねぇ~![かわいい]


037_R.JPG


拝殿に続く最後の門、「随神門」です。


039_R.JPG



狛犬さまです。
一般的な狛犬さまよりたてがみが少なく、体つきも細身で洋犬に似ているとのこと。


041_R.JPG



042_R.JPG



拝殿、本殿です。
入母屋造・銅板葺の屋根の下にもう一層の屋根・裳階を備え優美さをましているそうです。


044_R.JPG



046_R.JPG



111_R.JPG



054_R.JPG



参拝者の中に混じって、可愛い七五三参りに来ているお子さん達が沢山![ハートたち(複数ハート)]


048_R.JPG



授与所で、家内安全のお札と御朱印を購入しました。[ぴかぴか(新しい)]
アルマさん、あの雑誌で(笑)御朱印帳をいただいていたので、今度、私も、集めますよ~!


145_R.JPG



参拝の後は、弥彦山山頂に行きました。
「万葉の道」と称するなだらかな坂道を散策しながら上る・・・いえ、無料送迎バスで行きました!アハハ![バス]


061_R.JPG



あっという間に到着!約、二分!


063_R.JPG



ここから、ロープウェイで山頂に上ります!


065_R.JPG



064_R.JPG



ロープウェイの名称が、一台が「うみひこ」、もう一台が「やまひこ」!
やまひこさんがやって来たぁ~!と言うことは、乗っているのは、うみひこさんねぇ。


069_R.JPG



山頂に到着!


071_R.JPG



母が、以前来たとき、強風で乗れなかったというパノラマタワーです。
話してもらって聞いてはいたけど、これなのね。
想像していたのとは、全然違ってました。これぞ、「百聞は一見にしかず」でした。


072_R.JPG



073_R.JPG






山頂と駐車場を行き来するクライミングカーは、こんな急な斜面を行き来します。


085_R.JPG



その中から、山頂駅を撮ってみました。


074_R.JPG



上り下り動くパノラマタワーに乗ってみたのですが、何せ曇りだったのですが、段々強風とともに雨が降り出し・・・。
全然、観ることができませんでした。
「・・・こちらには、佐渡島が・・・。」いろいろ、説明が流れていましたが、まっ白!


076_R.JPG



下って来たら、この程度、見えましたが、山の斜面や駐車場を見たってねぇ。


080_R.JPG



こんな観光地が見えたはずだったんぁ・・・。


083_R.JPG



クライミングカーで上って降りたら、凄い強風が吹いていたんです。[台風]
そうしたら、ベランダ沿いにいた人たちが、歓声をあげていたんです!
なんだろうと見に行ったら、雲が、強風にあおられて、海が時々見えてたんです!
快晴の中で見る風景は、もちろん素晴らしいですが、諦めていた時に、少しだけ見せてくれた景色への感動は相当なものでしたぁ~~~![揺れるハート]
雲の動きも、いろんな様を見せてくれて、パノラマタワーで見られなかったことなんて吹っ飛んじゃって!


093_R.JPG



でもですねぇ、山頂駅に向かおうとしたら、雨が止んじゃって。
「お~、こうなったら、傘をささずに、濡れないで通せるかだな!」なぁんちゃって、期待しちゃいました。
私って、晴れ女だった?[わーい(嬉しい顔)]

ところが、駅に行ったら、たくさんの乗車のための人だかり。
どこに、こんなに人がいたのかしらと思えるくらいの長蛇の列。[がく~(落胆した顔)]
雨が降ったので、集中しちゃったわけですね。


096_R.JPG



駅員さん、私達家族だとわからないはずなのに、ちょうど、定員に達したのか、次のロープウェイということになったんです。
でも、こん太くんが、確実に座れるよと。なるほど、考え方次第ねぇ。[ひらめき]


098_R.JPG



やってきました!
両親は、確実に座れました。こん太くんと私は、座りませんでしたよ。だって、小さいお子さんたちもいるのに、まさかねぇ・・・。アハハ!


100_R.JPG



こん太くん曰く、きっと、下は、雨が降ってないよと。


105_R.JPG



到着しました。


110_R.JPG



ロープウェイとクライミングカー・パノラマタワーのチケットです。


146_R.JPG




弥彦神社に着いたら、やはり、雨は降ってなかったのですが、カッパを着ている人がいたんです。
地面も濡れてるし、先ほどまで、降ってたってこと?


113_R.JPG



大正の御還座から、今年がちょうど百年なんですね。


116_R.JPG



鳥居の前にあるお土産店「ひらしお」で、お土産を買いました。
買い終わって車に戻ろうとしたら、凄い雨が降って来たんです!
「あ~、濡れないわけにはいかなかったな。曇りだったから、車に傘を置いて来ちゃったんだよねぇ・・・。」と、諦めていたのですが!
「ひらしお」の方が、「傘をお貸ししますか?そして、車でここまで来て、皆さん乗って行かれては?」と。
パッとその瞬間、こん太くんを見ました!アハハ!
そこで、こん太くんが傘を借りて車を取りに行き、私達を迎えに来てくれました。
「やったぁ~!傘をささずにすんだぁ~~~!」
これって、晴れ女とは、言えませんねぇ。運が良かった?アハハ!
「ひらしお」の方に親切にしていただき、とても、心地よい気持ちで、弥彦神社を後にしました。[ぴかぴか(新しい)]

弥彦神社の名物「玉うさぎ」。
いろんな玉うさぎのお土産品がありました。
今回のお土産品は、これです。


144_R.JPG



この「玉うさぎ」可愛いでしょ!


139_R.JPG



それから、ここまで来たからにはと、ちょっと、足を延ばして寺泊に海鮮物を食べに行くことにしました。

内陸育ちの私達にとっては、海が見えると歓声!ですから。アハハ!


121_R.JPG



その橋で、右を見たら海!


123_R.JPG



左を見たら川!なんですけど、海の色だわぁ~!当たり前?ですよね。アハハ!


122_R.JPG



寺泊の市場通り


136_R.JPG



このお店の二階「まるまか」で食べることにしました。
どこのお店がいいかなんて、初めてだからわかりませんものね。


135_R.JPG



いくら・うにの二色丼とお刺身を食べて来ました!かに汁付き。
「しあわせ~~~!」
でもですね、わさびが効き過ぎでむせってしまいました。
そして、気づかずに、わさびの塊が口の中に・・・。「どーしよう?」
「さっき、むせってしまったんだよなぁ・・・。周りに、お客さんもたくさんいるし、出すわけもいかないよなぁ・・・。」
結果、喉の奥にやって飲み込みました!「あ~、胃さん、ごめんね・・・。」


124_R.JPG



130_R.JPG



128_R.JPG



食べ終わってから、お店を見て回りました。
新鮮なお魚がいっぱい!


132_R.JPG



岩牡蛎が、目に止まりました。


131_R.JPG




かきは、海のミルク!あゆさこ、生でも大丈夫!


134_R.JPG



家路に着きました。
今度、いつ、海がみられるかなぁ。名残惜しい・・・。


137_R.JPG



高速道路から、見えた弥彦山です。
神聖な山、そのものですね。
その後、夕日が、とても、綺麗に見えました。


138_R.JPG



りんごを割ったら、こんなところに種が・・・。


010_R.JPG



みんなに写メを送ったら、くっつけたんじゃないの?と。
いえいえ、ほら、埋まってるでしょ!ほんとなんです!


015_R.JPG




百人一首、今回、更新作成し終わり、この記事を作成しながら、調べたいことを検索し戻したら・・・消えてました。
久しぶりの更新だったので、百人一首も添えたかったのですが、諦めました。
久しくお休みさせてもらいましたが、目がしょぼしょぼなのはいつものことですが、五月に上京して帰って来る時に、コインロッカーが空いていなくてキャリーバックを引いて歩いたら、右腕が痛んだと載せました。
なんか、筋が伸びちゃったのかなんなのか、長くキーを打っていると痛むんです。
健康診断でも引っかかったところあるし、段々、不具合なところがでてくるんでしょうねぇ。
確かに、若い頃とは違います。しょうがないですね。
ドッと、年をとっちゃった感じ~~~!
みなさまへの訪問もままならず、すみません。














































この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。